お墓について / 墓じまい

墓じまい

お墓を守る人がいない、お墓のある場所が遠くてなかなか行かれないという理由でお墓参りが途絶えてしまうことがあります。
お墓が長い間手入れをされずに、無縁仏となって放置されてしまうのはとても悲しいことです。
このような場合に「墓じまい」という方法をとることがあります。墓じまいとは、現在のお墓を撤去し、遺骨を他の墓地に移転、あるいは永代供養墓地に改葬することを指します。
遺骨が収まっていたお墓を「しまう」ことになりますので、それに伴い様々な手続きや作業が必要となってきます。
石寅では墓じまいに関するアドバイスやお客様と墓地確認後にお見積をご提案いたします。
※お墓は最後の祭祀継承者(さいしけいしょうしゃ)がきちんと墓じまいをしないと、無縁墓(むえんぼ)として撤去処分され、中の遺骨は合祀墓(ごうしぼ)に入れられます。

コンプライアンスの観点から上記のような証明書をお客様にお渡ししております。

墓じまいの流れ

・先祖の遺骨の行き先を決める(新しいお墓へ移す、合祀墓へ納める、散骨など)
・お墓の管理者に墓じまいをしたいことを申し出る
・改葬手続き(新しいお墓に遺骨を移す場合)
・墓石撤去の業者決定
・閉眼供養(お墓の魂抜き)、遺骨の取り出し
・墓石の撤去、更地作業

お墓についてに戻る
MENU